文化祭ライヴレポート

2016.9.30(宮本由季)

 先日、当教室の生徒さん(高校3年生)が出演した文化祭ライヴに行ってきました。高校入学と同時に軽音部に入部した彼女の担当は、もちろんボーカル。楽器陣に囲まれ演奏する姿を見るのは初めてだったので、とても楽しみに出かけてきました。率直な感想を申し上げますと・・・、いやぁ、感動した!久しぶりに胸の奥が震えるような興奮を味わった、素晴らしい時間でした。

 会場は学内にある体育館。扉を開けると、中はすでにヒートアップした観客が放つ熱気と、地響きにも似たバンドの音が渦巻いていました。「こりゃ、大変だぁ。」。緊張屋さんの彼女のことだもの、きっと今頃ぐったりしているに違いない!案の定、舞台横の大きなスピーカーの裏で見つけた彼女の背中からは、声をかけるのもはばかられるほどの緊張感が滲み出ていました。「頑張れ・・・」。祈るように念を送る私の手も、じわりと汗ばんでいました。

 そして、いよいよ本番!先行して始まったバンドの演奏に続き、転がるように舞台に現れた彼女の歌声を、観客は歓声と拍手で出迎えます。拳を突き上げ、まさに全身全霊で歌う彼女から先ほどの緊張感は微塵も感じられず、その横顔はとてつもなくカッコよかった。「あんな姿、初めて見た。」。驚きと嬉しさが胸にこみ上げてくるのを感じました。

 思い返せば、レッスンを始めた2年前、歌はもとより、発声さえままならず、「自分の声に自信が無い」が口癖だった彼女。まさに3歩進んで2歩下がるの繰り返しで、なかなか弱点を克服できない自分自身に落ち込むこともしばしばでした。でも、私からの指導に一度も、「できない」を言わずに、地道な練習を積み上げていった、その根性と熱意は高校生といえど、とても立派だったと思います。

 彼らはアマチュアバンドですから、当然プロの演奏のクオリティには敵いません。彼女のボーカルとしての技術だって、まだまだ磨くべき点は沢山あります。でも、「ただひたすらに一生懸命」な姿は、見る人、聴く人の心を動かす力があることを改めて教えてもらった、そんな1日でした。私もまだまだ若者には負けませんぜ!

ミュージカル公演レポート

2014.4.22(宮本淳)

 先日、ひとりの女の子が、所属するミュージカル劇団の公演で、主役という大役を果たしました!

 彼女が初めて教室に来たのは、小学1年生のとき。お母さんに連れられ、レッスンもお母さんに見守られながら受講するという形でスタートしました。最初の目標は、音をしっかり取れるようになることだったと思います。

 あれから5年あまり・・・。定員900名ほどのホールは満席。溢れる熱気の中、カーテンコールで万雷の拍手を受ける彼女の姿に、思わず目頭が熱くなりました。

 地道に続けるということは、簡単なようで本当に難しいことです。そして、ただ続けるだけでは無く、人並み以上の努力を続けた時に、大きな成果となって現われるのだと思います。悩み、もがき、苦労し、そして喜ぶ。その繰り返しを、先生と共にしてきました。一番大きく変わったことは、自ら提案し、取り組むことができるようになったことです。これは本教室のテーマでもあります。

 良い時も悪い時もありましたが、そんな成長の過程に立ち会えたことを嬉しく思いますし、本教室でのレッスンが成長の一助となったのであれば、本当に良かったと思います。ひたむきに努力し、毎年確実にステップアップしていく姿に、私たちも大いに刺激を受けました!

 今後も是非、自分の進む道を究めていって欲しいと思います。ファイト!

ライブレポート

2010.12.4(宮本淳)

ASIDBLOW ワンマンライブ -NEO IMPRESSION-
会場:【DUO Music Exchange】渋谷
日時:12月3日(金)
開場/18:00 開演/19:00
料金:全自由/\2,500 当日\3,000円
チケット:チケットぴあ(124-189) ローソンチケット(70243) イープラス

1c501106.jpg 12月3日に渋谷DUO Music Exchangeで行われたASIDBLOWのワンマンライブに由季先生と2人で行ってきました。プロを志している子であっても、基本的に個人のエピソードを、この教室のホームページに載せるということはありません。それでも今回あえて載せたのは、「彼らはプロになる!」という実感が「初めて」湧いたライブだったからです。

 私達は普段、生徒のライブに行くときは、ファンとしてではなく、あくまで生徒をサポートする立場として行きます。応援という側面もありますが、基本的にはダメ出しをするために、ライブを聴きに行きます。片手にはメモ帳を持って、演奏を聴きながら気づいた点をメモりまくる!ハタから見たら、実にあやしい2人組です。でも、この日は違いました。他の生徒さんのレッスンスケジュールの関係で、会場に到着したのはライブの中盤だったのですが、会場の熱気にメモをとることも忘れ、聞く。聞き入る。感じる。メモを忘れていたことに後から気付く(汗)。

 大きなライブハウスでは、ASIDBLOW初お披露目ということもあり、熱狂的なファンはフロア前方から中盤に固まっており、周囲は初めて彼らを見る人たちだったと思うのですが、次第に後方の人たちも体を動かし、リズムを刻んで乗り始め、終盤はステージと会場が一体となっていたと思います。さらっとカッコよく歌うのではない。全力でライブに情熱を注ぎ込む。これが彼らの魅力であり、生のライブの醍醐味です。一部のマニアだけではなく、多くの人の心を動かす。これは容易なことではありません。でも彼らにはその力がある。それを初めて実感しました。ASIDBLOWってロックなんですけど、終わった後は、温かい前向きな気持ちになれるんですよね。メンバーは本当に音楽が大好きで、心から楽しんでいる。とても素敵なことだと思います。

ffb70eb7.jpg  夢を現実に変える。それは並大抵のことではありません。夢を信じ切れるかどうか。それは、自分自身との戦いでもあります。まだ夢をかなえたわけではない。でも、その手前まで来ていることは間違いありません。ここまで来ただけでも相当なことですし、軽い気持ちで「プロになりたい」と言ってしまう子達に見せてあげたい。草食男子全盛のご時世ですが、必ずこれからの時代を担う存在になってくれる。そう強く思ったので、ここに書き記しました。彼らも言っていましたが、今回のライブが終着点ではなく、出発点です。

 夢に向かって、がんばれ!


recording.png