講師:宮本由季より

photo1教室に初めて足を踏みいれる、そのほとんどの方が
開口一番同じことをおっしゃいます。
「私、音痴なんですよ〜。」

そこで私は必ずこう、お答えします。
「いや、音痴な人なんて、この世にはいないですよ。」

しかし大抵の方は「いやいやいや、私はほんとに音痴ですから〜。」と。

ここで「いやいやいやいや、音痴な人なんていませんから!」
と反論しては話が前に進まないので、こう伺うことにしています。
「どうして、ご自分が音痴だと思われるんですか?」

こう聞くと、その後に返ってくる答えはまさに千差万別。
例えば…

Aさん
「幼い頃、音楽の時間に一人で歌わなければならないことがあって、
自分が歌ったらみんながクスクス笑った。
それ以来、人の前で声を出すのが怖くなってしまった。」

Bさん
「同窓会でクラスメイトと校歌を歌った時、一人だけ歌が終わるタイミングがずれてしまった。
その時、初めてリズムを間違えて歌っていたのを知ったが、
いまさらどう直したらいいのかわからない」

Cさん
「カラオケに行くと、高い声ががひっくりかえってしまい、
その度に笑ってごまかすのにもう疲れてしまった。
最近はマイクが回ってきても、風邪をひいていると嘘をついている。」

などなど、様々です。

確かに、そのどれをとってみても、決していい思い出ではないだろうな、と思います。
だからこそ、「自分の声をどうにかしたい!」という一心で、
教室のドアを叩いてくださった皆さんの願いを叶えたい!と思うのです。


しかし、この皆さんのエピソード、よくよく見てみると
全て原因が異なっていることにお気づきでしょうか?

【Aさんの場合】
なぜ友達に笑われてしまったのか?が気になります。
あまりに小さい声だったのかもしれないし、音程がずれてしまったのかもしれません。
まずは、ご本人の声を聞いてみないことには原因がつかめません。

【Bさんの場合】
タイミングがずれてしまったのなら、
「歌の練習」よりも先に「リズムの練習」をする必要がありそうです。

【Cさんの場合】
低い声は安定しているなら、選曲を変えてみる、というのも一つの手です。
それでも高い声を出したいのなら、安定した高音を支える強い喉と
お腹を作るのが近道だと思います。


このように一括りに「自分は音痴」と思っている人も、
それぞれに抱えている原因は異なっていることがほとんどです。
まずは、その原因をすばやく見つけ出すことが大切ですが、
それは一人で行う作業としてはなかなかに困難なものです。

Bさんのように「いまさら、どう直したらいいかなんてわからない」
というのが本当のところだと思います。
だからこそ、客観的に自分の声を聞いて、正しい方向を示してくれる人が必要になるのです。

当教室では、ご自分の目標や理想に少しでも早く近づけるよう、
個人レッスンにこだわって、レッスンを提供しています。
マニュアルで行う画一的なレッスンではなく、
経験豊富な先生が個別の悩みや課題に対応したカリキュラムを組み、
楽しく、わかりやすく、をモットーにレッスンしていきます。

個人レッスンですから、周囲を気にする必要はありません。
あなたのペースに合わせて進めていきますので、
どうぞ安心してお越しください。

どんな生徒さんが通っていますか?

10代の学生さんからご年配の方まで、幅広い年齢の方がいらっしゃっています。
お昼は主婦やご年配の方々、夕方以降は、学生やサラリーマンの方が多くなっています。
習い始めるきっかけは、以下の通りです。


photo2・カラオケをもっと上手く歌いたい
・人前に出ることも苦手だが、歌う機会があるので
・音が外れてしまうのを直したい
・高い声を出せるようになりたい
・腹式呼吸を学び、発声や滑舌を良くしたい
・歌ではなく、ボイストレーニングをしたい


上記のようなきっかけで、レッスンを開始された生徒さんの声を紹介しています。ぜひ参考になさってください。
生徒さんの声