(当教室以外で)歌のレッスンを受講しているのに、なかなか上達しないという方。
 「先生の言われた通りにやる。そして、「良くなった」と言ってもらえるように修正する。」このようなレッスンになってはいないでしょうか。

 そんなあなたに一番足りないもの。それは「質問をすること」です!


 特に、歌の経験者に多いのが、「生徒は、先生に言われた通りにやるものだ」という思い込みです。「レッスンなのだから、言われた通りにやるのは当然だろう」と思うかもしれませんが、ここでいう「言われた通り」というのは、「先生は専門家で間違いないのだから、素人が意見を言ってはいけない」というような誤った認識です。

 先生が「質問するなオーラ」を出している場合は別ですが(苦笑)、教えることに熱心な先生であれば、生徒からの質問は嬉しいですし、むしろ、質問が無いと、「本当にわかっているのか」と不安になります。

 質問というのは、「自分が理解していない部分が、どの部分かをわかっている」からこそできるものだからです。


 自分のわからないことを伝え、先生はそれを十分理解したうえで、適切な指導をする。その繰り返しで、歌は上達していくのです。先生と密にコミュニケーションを取れること。これが良いレッスンの、一つの指標になります。


 ミュージック・キャンバスの一番の特徴は、「なるほど、わかった!」という生徒さんの納得感を生むために、開校以来、経営と講師が一体となって、レッスン内容の改良を続けているところです。「こんな説明だとどうだろう」、「それだと実感が持てない」といった話し合いを日常的に行なっており、時には実際に発声をしながら試行錯誤することもあります。

 音楽教育という分野は比較的長い伝統があり、一般的に先生は「自分が習った通りに教える」という側面があります。専門家の卵に教えるのであれば、それでも良いのかもしれませんが、いざ、一般の人が理解できるように説明をしようとすると、うまく説明できないことも多いというのが実態です。そのため、説明が曖昧になってしまったり、「続けていけば、そのうちわかる」というような回答をすることになり、「音楽とはそういう世界なのか」という誤解を生んでしまいます。

 しっかりとした納得感をもって理解したうえで、次の段階へと進むこと。これが楽しく、確実に上達していく秘訣であり、当教室が大切にしていることでもあります。


・タイプ別、教室ガイドはこちら