bill07.png

「土台作り」を最初にやると、良いことづくめな理由

 スポーツの上達に、筋トレや体力作りが不可欠なように、歌が上達するためには、その土台となる「発声」や「音感・リズム感」のトレーニングが、欠かせません。

 歌を学んでいくと、これらが「足りないな」と感じる瞬間が、必ず訪れます。その段階で、重点的に取り組むというのも悪くないのですが、実は、最初に土台作りをしておくと、その後のレッスンが、さらに充実したものになります。それは、一体なぜでしょうか。


 実はレッスンの際、一番ネックになるのが、「頭と体」が結び付かないことです。仕組みは理解したけれど、実際に、自分ができているかどうかがわからない。そのような悩みを解消するためには、通常、かなりの時間を要します。

 ところが、基本的な「発声」や「音感・リズム感」が身についていれば、心配無用。レッスン中の指導や指示に対して、「実感」を伴って理解することができるため、効率良く学び、実践力を高めていくことができるのです。


 できることが増えていけば、学ぶこと自体もドンドン楽しくなっていきます!そんな良い循環を作るためにも、最初に土台作りをすることが大切なのです。


 基礎トレーニングは、つらく、苦しいものというイメージをお持ちの方も多いと思います。「音楽トレーニングクラス」では、「みんなでワイワイと、気持ち良く小汗をかく爽快感」をテーマに、辛く苦手だった練習を、楽しくアグレッシブな時間に変え、無理なくクリアしていくことを目指します!



stage.png

音楽トレーニングクラス

発声、および、音感・リズム感の強化を図ります。

個人レッスン専門の新百合ヶ丘教室とは異なり、
広く開放的なスタジオでのグループレッスンです。
(※個人レッスン受講生に限らず、どなたでも、ご参加いただけます。)


【開催日】
第2、第4土曜 11:00〜11:50
(7/13、7/27、8/10、8/24・・・)

【料金】
入会金不要

コース 料金(税込)
 単発(お試し受講) 1,980円
月1回 月謝1,800円
月2回 月謝3,500円



【お試し受講の申込】
以下の申込フォームより、必要事項をご記入のうえ、お申込みください。

training_button.png



【会場】
スタジオクレイン鶴川
(小田急線鶴川駅より徒歩2分)

町田市能ケ谷2-12-4
自転車駐輪禁止地区の為、自転車でお越しになる場合は、
付近のパーキングをご利用ください。


crane_cut.jpg

cranemap.jpg

「音楽トレーニングクラス」レッスンレポート

2019.6.12(宮本淳)

 実際にレッスンに参加してきましたので、当日の模様をお伝えします。

 6月8日、スタジオクレイン鶴川にて、「音楽トレーニングクラス」がスタートしました。窓から日の光が差し込む中、先生が笑顔でお出迎え。緊張気味でスタジオに入ってきた生徒さん達の表情も、自然と和らぎます。この日は、既に個人レッスンに通っている生徒さんの他、そのご家族、初めましての方も入り混じり、和気あいあいとした雰囲気。でもその中で皆さん共通して、前向きに取り組む意気込みのようなものが伝わってきて、非常に心地良い時間となりました。

 レッスンは、大きく分けて3パート。

 まずは空間を広く使って、ストレッチを行います。大きな鏡、そして、高い天井。ゆっくり、じっくりと、体の各部位をほぐしていくと、普段、いかに体を使っていないかということを痛感します。

 ひと通りほぐれたところで、次に腹式呼吸です。先生の見本の姿勢を確認しながら、何度も何度も繰り返し行なっていくと、じわじわと負荷が高まっていくのを感じます。正しくできているかどうかの「実感」は、普段なかなか得られませんが、反復をすることで負荷が高まり、「使っている筋肉」と「使えていない筋肉」が明確にわかるというのも、反復の効果だと感じました。

 そして、最後は発声です。この段階まで来ると、体は既に準備万端。特に無理をしなくても、大きく通る声がバンバン出て、逆に、戸惑いを感じるほど。みんなで一斉に発声をすると、スタジオ全体がビリビリと振動するほど響き渡り、「おぉ、すごい!」という驚きの声が。わかっているつもりではいましたが、声を出す準備って、大切なんですね(汗)。そんなこんなで、全50分のレッスンは、あっという間に終了しました。

 個人的には、反復練習は「技術の定着」のために行なうものだと思っていましたが、それだけでなく、「正しくできているかどうかの判別」にも有効であるとわかったことが、新たな発見でした。そしてもちろん、正しい形で反復し、定着を図ることで、実力は飛躍的に向上します。「これを続けていったら、どうなるんだろう?!」。半年後の自分が楽しみになった、そんな第1回目のレッスンでした。(宮本淳)